MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 自然

海溝
【東京雑学研究会編】

§エベレストも沈んでしまうほど深いところとは?

私たちが住んでいる陸地は地球表面のほんの三割程度で、地球表面の約七割は海で占められている。
深さ、広さの上でも陸は海のスケールにかなわない。海の深さの平均は三七三〇メートルで、日本の最高峰富士山の三七七六メートルと大差ない。海の深さが山の高さを圧倒しているかのような印象を受ける
では世界最高峰エベレストと世界中の海の中で最も深い所を比べてみたらどちらが勝るだろうか?
世界で最も深い海は太平洋マリアナ海溝にある。
マリアナ海溝は小笠原諸島の母島の南東方向からヤップ島の北東にかけて伸びる全長約二五五〇キロメートルにもなる三日月状の海溝だ。水深九〇〇〇メートルを超える地域も多く、そこでは標高八八四八メートルエベレストすっぽりと隠れてしまう。
特にグアム島の南の海溝が東西に切れ込んでいる部分では水深が深い。
一九五〇年代にイギリスチャレンジャー号やソ連のビチャージ号によって一万メートル以上の深さの場所が発見され、チャレンジャー海淵と名づけられた。
しかし、一九八三年に海上保安庁水路部の調査船・拓洋による精密検査によると、マリアナ海溝の最深部は北緯一一度二二分二四秒、東経一四二度三五分三〇秒にあることがわかった。この部分の水深はおよそ一万九二四メートル。ここにエベレストを沈めたら、頂上の位置は海面下二〇〇〇メートルにまで沈み込んでしまう。
世界中の海溝の深さランキングで第九位のニューギニア島東方のニューブリテン海溝でも九九四〇メートル。これもエベレストすっぽりと沈んでしまう深さだ。
深さ、高さを比べてみても、海は陸に圧勝してしまうのだ。
ちなみにエベレストの山頂からマリアナ海溝の最深部までの差は一万九七八六メートル。地表の高低差のダイナミックさには驚くばかりだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670177

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  観客動員数  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト