MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全ヒトの不思議 > 人体

排泄
【東京雑学研究会編】

§食べた物が便として排泄されるまでにかかる時間は?

毎朝快便だと自慢げな人、便秘気味で辛さを訴える人などさまざまだが、私たちが毎日摂取する食べ物は、どれくらいの時間をかけて、肛門までたどり着くのだろうか。自分の身体の消化器のはたらきについて、十分な知識を持っていた方がよさそうだ
食べた物は、だいたい二~三時間ぐらい胃の中にとどまり、消化液や蠕動運動によってくだかれ、こねまわされて、しだいに十二指腸から小腸の方へ押し出されていく。
小腸に到達した消化物は、さらに消化されて、栄養分を吸収されながら進んでいく。小腸という六~七メートルもある長い管腔を通過するのにかかる時間は約六時間。
大腸には、小腸でほとんどの栄養分が吸収された残りが届く。大腸は、上行結腸、下行結腸、横行結腸、S状結腸の部分からなり、やがて、直腸、肛門にいたる。この約一・五メートルの結腸の部分を残りが通り抜けるのにかかる時間は、五~六時間。
こうして口から入った食べ物は、合計十数時間かけてS状結腸にたどり着く。この後、残りは大腸の動きにより、直腸に送り出される
直腸に入った残りの刺激が、感覚神経を通じて脊髄の排便中枢に伝わり、やがて、肛門の筋肉が反射的に緩む。排便である
しかし、すぐにトイレにいけないときなど、排便を我慢してしまう。そう、排便は大脳皮質にある中枢によって、コントロールできるのである
ちなみに、消化管内を通過する時間は、あくまでも平均の時間である食べ物の種類により長い時間を要することもある。例えば、牛乳が胃の中にとどまっているのは一時間、脂肪分の多い食事は五時間以上とどまっている。また、体調によってもその時間は異なるという。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670158

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  五節句廃止令  村八分?  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト