MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全自然 > 宇宙

M星雲
【東京雑学研究会編】

§星雲についている「M」は一体何?

かつて地球がとてもお世話になったウルトラマン一族。最初にウルトラマンがやってきたのを皮切りに、その後セブンも来たし、タロウも来た。その後も続々と兄弟やらイトコやら、ついには父と母までやってきて、一生懸命地球の平和を守ってくれていたのである
こんなに親切な彼らのふるさとは「M78星雲」ということはあまりにも有名だが、この「M78星雲」の「M」にどういう意味があり、後に続く数字が何を示しているのか知っているだろうか。
実はこれ、「メシエ・カタログ」という星雲・星団のカタログに記載された番号なのである。メシエというのは、一八~一九世紀のフランスの天文学者シャルル・メシエのことで、このカタログを作った人物である
とても熱心な彗星の観測者だったメシエは、生涯に一四個も新彗星を発見した。ただ、その過程では、せっかく新彗星を発見したと大喜びしたのに、実はずっと前から発見されていた星雲や星団だったということがしょっちゅうあって、ぬか喜びをしたメシエはガックリ。こうした勘違いがないようにと、メシエはそれまでに発見されている星雲や星団に通し番号をつけてカタログ化したのである
「メシエ・カタログ」によると、「M1」はおうし座のカニ星雲で、アンドロメダ星雲は「M31」、オリオン星雲は「M42」。ウルトラマンのふるさとは、この「メシエ・カタログ」によって「M七78」に設定されている星雲だというわけである
ただ、このカタログは一七八六年に作られたものなので、現在発見されている星雲や星団は網羅されていない。しかもパリからの観測を元にしたものなので、パリから見えない南半球の星雲や星団は含まれていないという状況で、たった一〇九個しか記載されていないのである
もし現在の星雲・星団をしっかりとチェックしたいなら「ニュージェネラルカタログ(NGC)」(一八四〇個の星雲・星団を収録)か、その後追加された「インデックスカタログ(IC)」を使用すればいい。「メシエ・カタログ」は有名だけれど、これでチェックすると新発見だらけのぬか喜びになってしまうので、ご注意を!




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670109

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 炭坑節  芸能デスク  男女マーク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト