MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全地理 > 場所

エルサレム
【東京雑学研究会編】

§エルサレムはなぜ三つの宗教の聖地なのか?

エルサレムは、地中海とヨルダン地溝帯に挟まれた山地の中央部(ユダヤ丘陵)の岩尾根に位置し、糸杉やオリーブの老樹が散在する街である。地中海岸と死海の谷を東西に結ぶ道が通るので、エルサレムは古来から交通の要衝であった。
現在、エルサレム旧市街と呼ばれる区域は、ローマの支配期にほぼ今の規模になったという。二〇〇三年三月のイスラエルの統計では、エルサレムの人口は七八万人。この地は、今ではユダヤイスラムキリスト三大宗教の聖地として崇められると同時に、紛争の絶えない悲劇の地になってしまった
歴史を少しさかのぼってみよう。前一〇世紀頃にダビデ王(ソロモン王の父)が首都と定めて以来、エルサレムユダヤ教徒にとって聖なる土地なのである。何度も異教徒に征服された歴史があるが、今日でもソロモン神殿の遺構である「嘆きの壁」の前では、熱心に祈りを捧げるユダヤ教徒の姿が見られる
イスラム教徒にとっては、預言者ムハンマドが昇天した神聖不可侵の「神殿の丘」(アル・アクサ・モスクと岩のドームがある区域)がある。天国と地獄との接点の地なのである
キリスト教徒にとっては、イエス十字架を背負って歩いた苦難の道や十字架上の死をむかえたゴルゴタの丘(聖墳墓教会が建てられている)がある。イエスの死と復活の土地なのである
このように半径数キロ以内のところに、シナゴーグユダヤ教の礼拝所)・教会・モスク記念碑・遺構などが二六か所も密集しているのが、エルサレムなのであるそして、「嘆きの壁」が、イスラム教徒が「高貴なる聖所」と呼ぶ「神殿の丘」の西側にあたるというので、紛争の原因の一つになっている。
長期化するイスラエル・パレスチナ紛争の和平に関するニュースメディアが連日のように報じているが、その紛争の背景には、人間の精神や宗教に関する極めて非妥協的な対立がある。
一日も早く、三大宗教の聖地にふさわしい、平和で美しいエルサレム生まれ変わってほしいものだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670111

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト