MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全学校じゃ教えてくれない?! > 単位

インチ
【東京雑学研究会編】

§一インチという単位は植物の実の大きさだった

靴のオーダーメイドといえば高級品のイメージが強いが、規格基準のなかった昔は、すべてがこのオーダーメイドだった。
その頃の靴は、職人の腕や測り方で、多少仕上がりサイズが違ってしまうのはさけられなかった。
一三〇五年、イギリスのエドワード二世が一インチの長さを規定。やがて靴職人も、この度量法をもとにサイズを測り、規格靴を作りだしたのだ。
さて、世界共通の長さの単位といえばメートル法だが、まだヤードポンド法を使用している国も多い。
ヤードポンド法の長さの単位には、ヤードフィート(フート)、インチなどがあり、最小単位がインチ。一ヤード=三フィート、一フィート=一二インチである
そして、一インチメートル法に換算すると約二・五四センチとなる。ずいぶんと、半端な数字のように思われるが……。
このインチのもとになっているのは、イギリスに古くからある単位で「バーリーコーン」と呼ばれるもの。「大麦の粒」という意味で、一バーリーコーンは約八・四七ミリ。実はこれ、大麦の粒の縦の長さなのである
ここで、靴のサイズに話をもどすことにしよう。エドワード二世は、なんと大麦の粒を縦に三つ並べて、一インチと定めたという。いうなれば、一インチという長さは、大麦三個分。一インチ=三バーリーコーンであるから、約八・四七の三倍、つまり約二・五四センチが、一インチの値となったわけである
靴のサイズも、大麦の長さが基準になっていたといえる。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670070

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト