MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全趣味 >

色と重さ
【東京雑学研究会編】

§同じものでも色が変わると重さが変わる!?

もし目の前大きなカバンを二つ出され、「どちらか片方を運んでください」と頼まれたとする。一つは白、もう一つは黒のカバン。大きさも全く同じだったら、あなたはどっちを選ぶだろう
できるだけ軽い方を運びたいと思うなら、迷わず白を選んだほうがいい。事実、重い物を持ちたくないと考えている人ならば、黙っていても白を選ぶはずである
これは色の持つ明度が原因。人間は、明るい色ほど軽く、暗い色ほど重く感じるである。しかも、見た目感じるだけでなく、実際に持ったときも、明るい色のほうが軽く感じるという実験結果もある。
目の前に同じ重さの白と黒の箱を用意し、実際に持ってもらったところ、黒は白よりもなんと一・八七倍も重く感じたという測定結果が出たのである。また、同じ重さの箱をいくつもの色に塗り分けて比較させたケースでは、白と赤では五三%の人が赤を重いと感じ、黒と黄色を比較すると、五八%の人が黒のほうが重いと感じたのである
実際の重さが同じであろうと、重いと感じるか軽いと感じるかでは、荷物を運ぶ際の疲労度も大きく違ってくる。日頃大きなバッグを持って仕事をしているのなら、できるだけ明るい色のバッグにしたほうが疲れないし、海外旅行に行く際のスーツケースは、明るい色にした方がずっと気分的に楽になるはずである
黒い洋服を着込んでいる人を見ると、なんとなく重いイメージを抱き、白っぽい洋服を着ている人を見ると軽快な感じがするのも、すべては色の持つ明度が原因なのだ。
そういえば、明るい性格の人といると気分が軽くなるのに、暗い性格の人と一緒にいると気分が重くなり、周囲の空気までもが重たく感じられたりする。色だけでなく、明るいか暗いかは、重さの感じ方と大いに関係しているようだ




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670063

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト