MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全生物の不思議 > 動物

イグアナ
【東京雑学研究会編】

§マッチョなオスほどもてる「イグアナ界」

たくましい男性が好きなのは、なにも人間世界だけではないようだ。本能のまま、生きている動物界ではよりその傾向が強いのかもしれない。中でも、イグアナは、求愛の仕方でいかにマッチョかを試すらしい
イグアナは、イグアナ科のトカゲ類の総称で、六五〇種もの種類がいる。頭頂部と背中にたてがみ状の飾りうろこがあって、のどに飾りひだを持つものが多いという。トカゲ類に所属するものの、尾は切断しても再生しない。あんないかつい外見をしていながら、餌は植物の新芽や果実だというから、どこか気がやさしくて力持ちといった風情がある。
そのイグアナの中でも、代表的なものがグリーンイグアナである。これは、イグアナの中でもいちばん大きな種類で、全長一・五メートルから二メートルにも達するという。
このオスは、繁殖期になると、メスはもちろん、ライバルのオスに対しても、飾りひだを精一杯に広げて、自分の強さを誇示する。その姿は、一昔前にCMでも使われたことがあり、ちょっとユーモラスな恰好である
さらに、頭を上下にふって、腕立て伏せのような恰好もしてみせる。それも、またなかなかユーモラスだ。
でも、当のイグアナはきっと真剣なのだろう。自分のオスらしさを十分に見せつけ、メスの気を引くために、おもいっきり胸を張り、自分の大きさをアピールしたり、腕立て伏せでいかに力があるかをアピールしているのである
その恰好は、昨今のジムに通う男たちにもダブらなくもない。生き物のオスは大変なのである




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670042

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 五節句廃止令  上野アメ横  炭坑節  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト