MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

イクラ
【東京雑学研究会編】

§人工イクラが生まれたのは接着剤のおかげ!?

人工イクラがこの世に誕生したのは、一九七九年とまだ記憶にあたらしい。はじめて口にしたときの感触は「あれっ、これイクラ?」というくらいなものだった。
人工的に作られた食品としては、スムーズに国民に受け入れられたほうだろう
本物のイクラよりもちょっと小粒で、赤くて可愛らしいあの姿は、あっという間に食卓の人気ものとなった。
では、この人工イクラ、どこからヒントを得たかというと、意外にも食品とは無関係の化学工業だった。
日本カーバイド工業という、接着剤を作る会社が産みの親なのである。工場で接着剤を作っていたところ、偶然できた寒天状の皮膜からヒントを得たのである
この寒天状の皮膜が、イクラの表面にとてもよく似ていることに目をつけ、人工イクラの発明を手掛けたのだった。
試行錯誤の結果、イクラによく似た皮膜で、ビタミンEを添加したサラダ油をくるんで、イクラらしさを出すために、海藻のエキスを加えている。さらに、あの可愛らしい赤は天然色素を利用してつけたのだった。
ビタミンEも含まれていて、しかもコレステロールは本物のイクラよりも低い。健康にもよいこの人工イクラ、今では寿司ネタとして欠かせない一品になっている。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670041

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 凸凹  一か八か  メトロノーム  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト