MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

雑学大全 >

イカスミ
【東京雑学研究会編】

§イカスミがあってタコスミがないのはなぜ?

食べたあと歯が真っ黒になるから、デートのときは食べないほうがいいといわれるイカスミパスタこってりした味を生む、イタリアンの定番料理だが、日本料理にもスミを使うことはあり、イカの塩辛に肝と一緒にスミも入れて黒造りにすると、肝の味がひときわよくなる。
タコもイカと同じようにスミを持ち、頭の腹側に、漏斗と呼ばれるホース状の排出口のようなものがあり、スミはここから噴出する。マンガなどでは、タコがスミで煙幕を張って敵の攻撃から逃げるところを描くことが多い。だが、タコの場合、そのスミが料理に使われることはない。
なぜかといえば、イカのスミは胴体から内臓を引き抜いたとき一緒に出てきて取り出しやすいが、タコは頭と呼ばれることもある外套膜の、後ろの丸い部分の中に内臓があり、スミ袋を取り出しにくいのだ。その上、スミ袋もイカに比べて小さく、スミの量も少ないから、わざわざ取り出すのがかえって面倒なのだ。
さらに、主に小さな甲殻類を餌にしているタコは、唾液にチラミンなどの毒を含み、それで餌を殺している。
敵の攻撃のときに吐くスミの中にその毒が含まれている可能性もあり、食べないほうが安全というのが、世界共通のタコスミ評価なのだ。




東京書籍 (著:東京雑学研究会)
「雑学大全」
JLogosID : 12670039

この辞典の個別アプリ

雑学大全
「働きバチは1日6時間しか働かない」など、知的好奇心をそそる雑学の集大成。全1000項目を収録したアプリ。

【辞典内Top3】 性的に刺激する色  凸凹  芸能デスク  
【関連コンテンツ】

関連辞書

雑学大全2 暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 東京書籍「雑学大全」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京雑学研究会
価格:2,160
収録数:1000
サイズ:26x19x4cm(B5判)
発売日:2004年8月
ISBN:978-4487799473

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト