MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 目黒区

鷺草伝説
【さぎそうでんせつ】

東京都目黒区にある伝説。戦国時代に世田谷の衾村で狩りをしていた世田谷城主・吉良頼康は、白鷺を見つけて射落としてしまう。見ると、足には頼康の姫・常盤から父へ覚悟の自殺を報じた文があった。頼康は急いで城に帰ったが時すでに遅く、常盤は自害し果てた後で、傍らには死産の男の子の姿があった。使命半ばにして倒れた白鷺は、無念からか、その地に鷺の飛翔する姿の花を咲かせる鷺草になったとされる




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5703737


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト