MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京辞典東京都23区 > 江東区

木造阿弥陀三尊像
【もくぞうあみださんぞんぞう】

江東区三好1-4-5

東京都江東区にある彫刻品。江東区三好1-4-5。所在地(所有者)は勢至院。阿弥陀如来像、脇侍の観音菩薩像、勢至菩薩像の3体から構成される阿弥陀如来像の頭部は南北朝時代の特徴があり、体は江戸時代の作と考えられることから、南北朝時代に作られた像の体を江戸時代に補修したものと思われ、両脇侍像はその時に造立したものと考えられる江東区登録有形文化財(彫刻)。




Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「東京辞典」
JLogosID : 5701487


【辞典内Top3】 大堂  加賀五四自治会(肥田一穂氏寄贈)文書  旧関前村名主役宅  
【関連コンテンツ】

関連辞書

都市データパック(市章) 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 Ea,Inc.「東京辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト