MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > 政治

広域緊急援助隊
【こういききんきゅうえんじょたい】

interprefectural emergency rescue unit

大規模災害に対応するため警察に組織された特殊部隊
地震・台風・豪雨などの自然災害による大規模な被害が発生した場合、情報収集、救出・避難誘導、緊急交通路の確保などの活動を迅速に行う。1995年の阪神・淡路大震災を受けて創設された。
広域緊急援助隊は、全国すべての都道府県警察に設置されている。現在、機動隊員・管区機動隊員・交通機動隊員・高速道路交通警察隊員の中から、約4000人の警察官が指名されている。
都道府県の枠にとらわれることなく、周辺の都道府県から駆けつけられるような体制をとっている。
23日の新潟県中越地震を受けて、警察庁は24日までに、警視庁や神奈川・千葉など11県警の広域緊急援助隊のうち約360人を現地に派遣した。創設以来、今回が初めての派遣となる。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425233


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト