MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > 経済

現金合併
【げんきんがっぺい】

cash-out merger

合併で消滅する会社の株主に現金を支給すること
企業間の吸収合併のさい、権利を失う消滅企業の株主に株式に代えて現金を支給することをいう。アメリカなどでは一般的な制度だが、日本の現行商法では認められていない。
いくつかの企業が合併するとき、比較的規模の大きなところが存続会社となって、他の会社を消滅させるという吸収合併の形式となることが多い。このとき、消滅会社の株主には存続会社の株式が分配される
ところが、存続会社の株主にとってみれば、このような合併方式では株式保有比率の低下につながる。すなわち、企業に対する株主の支配力が弱まるわけで、合併を進める上での障害になっている。
現金合併が導入されると、消滅会社の株主は株式の代わりに現金を受け取る形で権利が守られる一方、存続会社の株主は従来通りの支配力を発揮できるというメリット生まれる。そのため、産業構造の効率化につながる企業合併が促進されると期待されている。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425163


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト