MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > 司法

最高裁人事
【さいこうさいじんじ】

最高裁判所における裁判官の人事異動
最高裁長官は、形式的には、内閣の指名に基づいて天皇によって任命される。また、他の判事は、内閣によって任命され、天皇の認証を受ける
1人の長官と14人の判事で構成される最高裁判所(最高裁)の人事は、裁判所法のほか日本国憲法にも定められている。
しかし、実際には、最高裁長官が首相にあらかじめ意見を述べておき、それを首相が了承して決まるのが慣例となっている。したがって、三権のうち司法権が独立して実質的な人事をまとめている。
最高裁の裁判官は、識見が高く法律の素養がある40歳以上の者だという任命資格がある。裁判所法は、15人のうち少なくとも10人は、裁判官検察官弁護士などの法律専門職を一定期間経験していなければならない定めている。
なお、最高裁の裁判官は、70歳の定年をもって退官する。
▲関連キーワード裁判官報酬




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425162


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト