MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > 生活

アスパルテーム
【あすぱるてーむ】

aspartame

砂糖のような甘みをもつアミノ酸系の人工甘味料
砂糖の約200倍の甘みをもっているため、わずかの分量で砂糖と同等の甘みを出すことができる。ダイエット食品や糖尿病の治療食品などにも応用されている。
アスパルテームは、1965年に化学物質として初めて人工合成された。当初は医薬品の開発が目的だったようだが、甘みがあることに気づいたのは偶然の発見らしい。現在では、ダイエット用炭酸飲料やデザートなどの食品に添加され、シュガーレスによる低カロリーを実現するものとして重宝されている。
味の素は、1982年にアスパルテームを大量に製造する技術の開発に成功し、特許を取得した。現在、このアスパルテームを加工した一般向け商品「パルスイート」の販売で、圧倒的なシェアを握っている。




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425146


【辞典内Top3】 UberEATS  客員教授  三本の矢  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト