MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

時事用語のABC時事用語アーカイブ > 外国

関税の引き上げ
【せきぜいのひきあげ】

tariff increase

外国からの輸入品に対する関税を引き上げること
外国から品物を輸入するとき、国境を通過する時点で関税がかかる。そのため、この品物を国内で販売すれば、関税分の金額が商品価格に転嫁されることになる。
関税をかける最も大きなねらいは、増大する輸入品から国内の産業を保護するところにある。安い輸入品が国内で流通すれば、国際的に見て高い水準で価格が設定されている国内産業は、価格の面で競争力を失い、大きなダメージを受けてしまう。そこで、輸入品の関税を引き上げて、その価格を釣り上げるわけだ。
具体的な関税引き上げの手続きは、関税暫定措置法によって定められている。この法律では、それぞれの輸入品目について、その数量が急増するような場合、関税率を引き上げることが暫定的に認められる
もちろん、行き過ぎた関税率の設定は保護貿易につながるので、貿易相手国から非難を受けることがある。現在、互いに満足できる貿易体制の構築が国際的な課題となっている。
▲関連キーワード「自由貿易協定」




時事用語のABC (著:時事用語ABC編集部)
「時事用語のABC」
JLogosID : 14425109


【辞典内Top3】 UberEATS  三本の矢  舌下免疫療法  
【関連コンテンツ】

関連辞書

ベネッセ国語辞典 電子特別編集版 カタカナ語の辞典 

関連書籍

 時事用語のABC「時事用語のABC」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト