MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

保険用語辞典保険の財務会計 >

標準責任準備金
【ひょうじゅんせきにんじゅんびきん】

 責任準備金というのは、将来の保険金の支払いのために保険業法によって積み立てが義務づけられている大切なお金です。
責任準備金の積み立て方式には、平準純保険料式とチルメル式があります。チルメル式とは一定期間、経費を多くして責任準備金の積み立てを少なくする方法で、平準純保険料式の積み立てに5年で追いつくのを5年チルメルといい、10年の場合は10年チルメルといいます。
チルメルは新設の保険会社が、よく利用してます。経営の途中から平準純保険料式からチルメル式に変更する場合は、経営的に苦境にある会社です。この責任準備金を超えたリスクに対応するのが、ソルベンシー・マージンです。




保険評論家:佐藤立志 (著:佐藤立志(故))
「保険用語辞典」
JLogosID : 5165014


【辞典内Top3】 P建て・S建て  保険業法300条  附合契約  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 

関連書籍

 保険評論家:佐藤立志「保険用語辞典」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト