MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

都市データパック(市章)関東地方 > 茨城県

牛久市
【うしく】

【由来】鵜宿(うしゅく)が転じて牛久(うしく)。鵜が多く生息し、宿は中世の町を示す。泥深く「牛を喰う沼」からとも。
【日本一】シャトーカミヤ(日本最初のワイン醸造場・重要文化財)、牛久大仏(世界最大120mの青銅製の立像大仏)
市役所】 300-1292  牛久市中央3-15-1 TEL:029-873-2111
【URL】 http://www.city.ushiku.ibaraki.jp/
【市章の由来】牛を大鵬(おおとり)の両方のつばさに見立て、久はカタカナ(ク)を円形にまいて、協力と円満を示しています。昭和35年7月1日設定
牛久市の基本情報はこちら
牛久市の出身者情報はこちら
牛久市の特産・イベント・観光情報はこちら




東洋経済新報社 (著:)
「都市データパック(市章)」
JLogosID : 8509109

【お隣キーワード】つくば市  ひたちなか市  取手市  笠間市  
【辞典内Top3】 水俣市  佐世保市  西之表市  

この辞典の個別アプリ

都市データパック
東洋経済新報社の発行する「都市データパック2012年版」を厳選収録した特別編集版アプリ。全国各市区の実力がわかります。

関連辞書

東京辞典 日本全国おみやげ辞典 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東洋経済新報社「都市データパック(市章)」

出版社:東洋経済新報社[link]
編集:
価格:0
収録数:809
サイズ:--(-)
発売日:-
ISBN:-

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト