MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典6章 橋とトンネルの雑学 >

東京湾アクアライン
【とうきょうわんあくあらいん】

世にも珍し、トンネルと橋がドッキング!?

これまでに、海を横断して陸地と陸地をつなぐトンネルや橋はいくつもつくられてきた。関門トンネル、瀬戸大橋、明石海峡大橋など、海を渡る長大橋や長大トンネルは、もう決して珍しいものではない。だが、トンネルと橋が結合して一つになっている構築物はそうあるものではない。
東京湾を横断して京浜側と房総半島を結ぶという計画は、昭和三〇年代からすでにあった。夢物語的な構想だと思われていた面もあったが、紆余曲折を繰り返しながら、平成九年、長年の夢が実現したのだ。東京湾横断道路東京湾アクアライン)の誕生である。神奈川県の川崎市と、千葉県の木更津市を結ぶ全長約一四kmの、東京湾の中央でトンネルと橋がドッキングするという極めて珍しいトンネル橋になった。
東京湾アクアラインには二つの人工島がある。一つは東京湾の中央にある木更津人工島(海ほたる)で、ここでトンネルと橋がつながっている。もう一つの川崎人工島はトンネルの換気塔だ。橋梁区間は約四・四km、トンネル区間は約九・六km。このトンネルは、海底道路トンネルとしては世界最長、道路トンネル全体でも、関越トンネル次いで全国第二位。関門トンネルの約三倍もの長さがあるのである
川崎や横浜から房総半島へ行くには、これまでは東京湾の北半分を一周しなければならなかったが、東京湾アクアラインの完成によって、川崎から木更津まで約一〇〇kmあった道程がわずか三〇km、三分の一以下に短縮されたのである。これによって、東京南部および神奈川方面から房総半島へのアクセスが俄然便利になり、この地域におよぼす経済効果は計り知れなく大きいのだ。




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060134


【辞典内Top3】 輸送機関  橋の長さ  桜並木  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト