MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第9章 食と習慣の巻 > リスト

米食
【こめしょく】

■2 1日に10合食べた昔の日本人縄文時代から続く米食の習慣
 日本人はいったい、いつ頃から稲を栽培して米を食べるようになったのだろう
 この答えは、年々早まっている。昔は弥生時代に水田稲作農耕が始まったとされてきたが、いまでは縄文晩期(約3千年前)に整然とした稲作が展開されていたことがわかっている。近年では、縄文前期(約6千年前)にも焼畑で稲が栽培されていた可能性が指摘されている。つまり、米を食べる習慣は、縄文時代から続いているわけだ。
 米は、中国大陸からいくつかのルートをたどって日本に入ってきたと推定される。日本を含む高温多湿なアジア諸国が米の主産地であり、いまでも全世界の90%の米がアジアで生産されている。
 米の特徴の一つは、保存が効くことである。籾のままなら、うまくすれば数十年保つというから、これは一種の財産であるそんな余剰財産の奪い合いから戦争が起こり、国家が勃興したとすれば、米が我が国に社会変革をもたらしたとも言える。
 ところで、昔の日本人は信じられないくらい多くの米を食べていたことをご存じだろうか。
 醍醐天皇の時代、905年から927年にかけてつくられた律令や格の細則を定めた法律の一種である『延喜式』には、平安貴族たちが1日に米5合を食べていたと記されている。現代人の一人前を約1合だとしても、ざっと5倍である
 だが、さらに驚くのは戦国時代の兵士たちの食欲だ。『訓蒙士業抄』や『軍術要綱』によれば、1日に1升食べるとある。1升といえば10合である。米は消化が良く、体力補充に効果抜群とはいえ、現代人にはとてもマネできない量である




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625103


【辞典内Top3】 天一坊事件  軍師?  目安箱  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト