MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第8章 思想・生き方・考え方の巻 > 明治時代

夏目漱石
【なつめそうせき】

■10 2年間のロンドン留学中、4回も転居した夏目漱石…5番目の下宿が歴史的建造物として指定される
 1900年9月、夏目漱石は文部省からイギリス留学を命じられ、単身赴任する。10月にロンドンに到着し、それから1902年12月までの丸2年、漱石は同地で英文学の研究をおこなった。
 だが漱石にとって留学生活は、「倫敦に暮らしたる2年は尤も不愉快の2年なり。余は英国紳士のあいだにあって群狼に伍する1匹のむく犬の如く、あはれなる生活を営みたり」(『文学論』)とあるように、かなり苦痛だったらしい
 漱石は、留学した2年間に4回転居している。
 最初は、エバ・スタンレイの下宿に住んだが、食事の値段が高いので2週間でミス・マイルドの下宿へ転居。しかし、ここも家賃の関係から40日で引き払い、ブレット夫妻の下宿へ入居した。
 ブレット夫妻は日本人贔屓で、下宿には漱石のほか、5人の日本人留学生がいた。2002年1月には、その当時実施されたイギリス国勢調査の原本が公開され、そのなかに、ブレット家に下宿中の漱石らの記録が見つかっている。
 ブレット夫妻は、経営していた学校で伝染病がはやったために学校を閉鎖、下宿も手放したため、漱石も4か月でこの家を出ている。
 4番目に住んだ下宿も気に入らず、新聞広告を出して見つけた5番目の下宿で1901年7月から離英までの1年4か月余りを過ごした。
 この、漱石が一番長く住んだ下宿が2002年2月、「イングリッシュ・ヘリテージ」という公的機関に史跡指定された。建物はすべて当時のままだそうで、ここを訪問すれば、漱石のロンドン時代を偲ぶことができる。




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625099


【辞典内Top3】 天一坊事件  軍師?  目安箱  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト