MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第2章 事件の巻 > 江戸時代

英仏軍駐留
【えいふつぐんちゅうりゅう】

■13 横浜港に英仏軍隊が駐留?…頻発する外国人暗殺に対する抗議に幕府が折れる
 ロシアの対馬占拠に対し、軍艦2隻を派遣して強硬に抗議した駐日イギリス公使ラザフォードオールコックは、その一方で、尊皇攘夷派による外国人殺傷テロが頻発したことを理由に、幕府に抗議を申し立て、横浜港にイギリス軍隊の駐留を認めさせている。
 1861年1月、アメリカの駐日総領事タウンゼント・ハリスのもとで通訳をしていたオランダ人のヘンリー・ヒュースケンが、何者かに斬り殺された。攘夷派の犯行とされたこの事件は、諸外国公使に大きな動揺を与えた。
 幕府に対して強硬な姿勢で臨んでいたオールコックは「幕府には我々外国人を保護する誠意も能力もない」として、横浜へ退去してしまった。この事件以前にも、外国人に対する殺傷事件が頻発していたことも影響している。フランスもこの動きに同調した。
 ちなみに、当事者であるアメリカのハリスは江戸に留まり、諸国公使に江戸へ戻るよう説得したという。
 幕府はこの抗議を受け入れ、横浜港への駐留を認めたのだ。だが、外国人部隊の駐留を許したことはすなわち、その国の植民地に転落したことを意味する。フランス同じく軍隊を置き、合わせて1500名ほどが1875年の明治政府誕生後まで居座ったのである
 また、撤兵後も、駐屯地はイギリスフランスの公用地として、両国が租借する権利を得ていたと言われている。この権利が消滅したのは、何と太平洋戦争後のことであった。




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625026


【辞典内Top3】 天一坊事件  軍師?  目安箱  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト