MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第2章 事件の巻 > 江戸時代

対馬
【つしま】

■12 幕末、ロシアの植民地にされかけた対馬…列強国のパワーに振り回された日本
 アジア諸国が次々と欧米列強諸国の植民地に転落していくなか、日本は巧みな外交と富国強兵政策によって、その危機を乗り越えたと言われているが、事はそう単純ではない。
 実は、一時ロシアに領有されてしまった場所がある。長崎県の対馬がそうだ
 1861年2月、ロシアの軍艦ポサドニック号が対馬の浅茅湾に来航し、船を修理したいと対馬藩に申し出た。そしてロシア兵は芋崎浦を占拠すると続々と上陸、にわかに屋敷を造り、井戸を掘り始めたのである
 驚いた対馬藩は撤退を求めるが、同船艦長のビリレフは承諾せず、ついに対馬の人々とロシア兵が小競り合いを起こし、島民が死ぬという事件が起こる。
 幕府もこれを放っておけず、外国奉行・小栗忠順を送り込むが、交渉に失敗し、逆にビリレフ艦長は対馬藩主に、芋崎周辺の租借など12か条の要求を突きつけて、対馬のロシア領化を進めたのである
 もしこのまま強硬にロシア兵が滞留を続けていたならば、おそらく対馬はロシアに奪われていただろう
 だが、駐日イギリス公使ラザフォードオールコックが対馬に軍艦を差し向け、不法滞在に強く抗議し、威圧したため、同年8月、ロシア政府も撤兵を決めた。
 芋崎浦には、いまもロシア軍が建設した波止場や井戸の痕跡が残っている。




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625025


【辞典内Top3】 天一坊事件  軍師?  目安箱  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト