MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典4章 時刻・時計 >

時刻制度の始まり
【じこくせいどのはじまり】

現在の時刻制度の始まりは?

◆「お江戸日本橋七つだち」とは何時のことか
 格言に「一日の計は朝にあり」という。昔は夜明けが一日の始まりとされたから、朝はアシタと呼ばれたのである。「一日の計は寅にあり」ともいう。寅の時刻は「お江戸日本橋七つだち……」と歌にある「暁七つ」である
 暁七つは現在の午前三~四時頃とされるが、夏至の頃はともかく冬至の頃は夜明けは午前六時すぎだから、午前三~四時はまだ真っ暗であるいくら昔の人は早寝早起きだったとしても、これでは仕事どころか歩くにも苦労する。これは江戸時代まで生活上の時刻制度が不定時法だったことによる。不定時法においては昼夜をそれぞれ六等分して時刻を定めていたから、冬の夜の一時は昼の一時より長くなる。だから冬至の日の「七つだち」でも、夏至の日の「七つだち」でも、日の出までの時間はさほど違わなかったのである。暁七つを現在の午前三~四時頃とするのは年間の平均をとったものである
 昼夜をそれぞれ等分する不定時法は、西暦前三〇〇〇年頃のエジプトにすでに存在し、バビロニアやギリシアでも生活時間として使われた。太陰暦において月の満ち欠けカレンダーがわりになったのと同様に、太陽の運行が時計がわりになったのである。正確に時を刻む時計がなければ生活時間が不定時法となるのは自然の成り行きである
◆今日の時刻制度はドイツで確立
 季節にかかわらず一日を二四等分する定時法は、西暦前二世紀のギリシアの天文学者ヒッパルコスによって確立されたという。天文観測に不定時法は不便きわまりないものだからだ。
 生活時間は不定時法、天文時は定時法という二重制は、日本では江戸時代まで続いたが、ヨーロッパではルネサンス期頃から生活時間としても定時法が採用されるようになった。これはヨーロッパ諸都市の教会が、機械時計によって定時の鐘を鳴らすようになったからである
 定時法の時刻制度を最初に導入したイタリアでは、古代ローマの伝統により夕方を一日の始点としていた。しかし、一四世紀後半のドイツでは太陽が南中する正午を始点とするようになった。これが現在の平均太陽時の正午に基づく定時法のルーツである




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040086


【辞典内Top3】 早生・中稲・晩稲  七曜の起源と意味  年号の数  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト