MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「火」に関する慣用句

[灰燼(かいじん)に帰(き)す]何もかも燃えて跡形もなく灰になってしまうこと。《類》「灰燼(かいじん)と化(か)す」「焦土(しょうど)と化(か)す」
[火(ひ)が付(つ)く]燃え始めること。また、騒ぎや争いが起こる。
[火(ひ)を失(しっ)する]誤って火事を出す。
[火(ひ)を付(つ)ける]①点火する。また、騒ぎのきっかけをつくる。②放火する。《類》「火(ひ)を掛(か)ける」「火(ひ)を放(はな)つ」
[火(ひ)を通(とお)す]焼いたり煮たりして熱が食べ物の内部まで行き渡るようにする。
[火(ひ)を吐(は)く]火を吹き出す。また、弁論の激しいさま。
[火(ひ)を吹(ふ)く]火を吹き出す。また、弾丸が発射される。また、かまどの火をおこすとき火吹き竹を吹く意から、炊事すること。
[火(ひ)を振(ふ)る]灯火や燃え木をかきたてること。また、仲違いすること。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382162


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト