MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「判断」に関する慣用句

[色(いろ)眼鏡(めがね)で見(み)る]片寄った先入観をもってものを見る。
[意(い)を決(けっ)する](⇒「意向(いこう)・意志(いし)・意思(いし)」90ページ)
[海(うみ)の物(もの)とも山(やま)の物(もの)とも付(つ)かない]それがどういう性質のものか、これからどうなるか、まったく予測できない。
[黒白(こくびゃく)を争(あらそ)う]事のよしあしをはっきりさせる
[黒白(こくびゃく)を弁(べん)ぜず]物事の是非や正邪の判断ができない。
[先入主(せんにゅうしゅ)となる]最初に頭に入った考えが固定観念となる。
[盾(たて)の両面(りょうめん)を見(み)よ]物事は一面だけを見て判断するのではなく、裏表の両面をよく見きわめてから判断せよ。
[棚卸(たなおろ)しをする]決算などのため、在庫品の数量を調べ、その価額を見積もる意から、他人の欠点や過ちを取り上げて非難すること。
[断(だん)を下(くだ)す]きっぱりと決断する。
[鶴(つる)の一声(ひとこえ)]大勢が議論してまとまりがつかないときに、有無を言わさず物事を決定する、有力者・権力者の一言。
[長(なが)い目(め)で見(み)る]物事や人物を現状だけで判断せずに、気長に将来を見守る
[目(め)が眩(くら)む]欲望にとらわれて、判断力がなくなる。
[予断(よだん)を許(ゆる)さない]前もって判断することがむずかしい。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382160


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト