MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「春」に関する故事・成語・ことわざ

[秋月春風(しゅうげつしゅんぷう)](⇒「月(つき)」359ページ)
[春花秋月(しゅんかしゅうげつ)](⇒「月(つき)」359ページ)
[春日遅遅(しゅんじつちち)](⇒「太陽(たいよう)・日光(にっこう)」319ページ)
[春宵一刻(しゅんしょういっこく)値千金(あたいせんきん)]春の夜は月がおぼろにかすんで風情があり、そのうえ温暖で気分がよく、そのすばらしい眺めは、ほんのわずかな時間が千金にも値するほどだということ。出典は蘇軾(そしょく)の詩『春夜(しゅんや)』。
[春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)]春風がのどかに吹くさま。のどかな春景色の意から、人の態度・性格がのんびりしていて温和なことのたとえにもいう。「駘蕩」は、のどかで穏やかなようす。
[春眠暁(しゅんみんあかつき)を覚(おぼ)えず](⇒「寝(ね)る・眠(ねむ)る」399ページ)
[春(はる)に三日(みっか)の晴(は)れなし]春の花どきの天気は三日と続かないということ。《類》「花曇(はなぐも)り七日(なぬか)」
[一人(ひとり)娘(むすめ)と春(はる)の日(ひ)はくれそうでくれぬ]一人娘は親が手放すのを惜しんで、なかなか嫁にやらない。春の日も暮れそうで暮れないということ。「呉れる」と「暮れる」をかけている。
[冬来(ふゆきた)りなば春遠(はるとお)からじ](⇒「冬(ふゆ)」458ページ)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382157


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト