MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「寺社」に関する故事・ことわざ

[伊勢(いせ)へ七度(ななたび)熊野(くまの)へ三度(みたび)]あちこちの神社に何度もお参りに行くこと。信仰心の厚いことのたとえ。この後に「愛宕(あたご)様(さま)へは月参(つきまい)り」と続けて言うこともある。
[牛(うし)に引(ひ)かれて善光寺詣(ぜんこうじまい)り]昔、信仰心のあまりない老婆が、干して置いた布を牛が引っかけて逃げて行くのを追って行くうちに善光寺に至り、これが機縁で熱心に善光寺にお参りに行くようになったという故事によるもので、自発的でない行いでも、結果的によい方向に導かれることがあることのたとえ。
[京都(きょうと)の人(ひと)に寺(てら)の自慢(じまん)するな]京都にはいわれもあり立派な寺が多いので、自分の土地の寺の自慢をしても京都の人には感心してもらえないからやめた方がよいということ。
[京(きょう)に多(おお)きものは寺(てら)と女(おんな)]京都には有名な寺と美人が多いということ。
[葷酒山門(くんしゅさんもん)に入(い)るを許(ゆる)さず](⇒「ゆるす・ゆるし」510ページ)
[尊(たっと)い寺(てら)は門(もん)から知(し)れる]人びとが大勢参詣に訪れる由緒ある寺は、門構えからして立派であって、厳粛な宗教心に駆り立てられるということから、価値のあるものは外見だけでも分かるというたとえ。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382084


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト