MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「さびしい」に関する故事・成語

[形影相弔(けいえいあいとむら)う]ひとりぼっちで自分の影法師と慰め合うだけの意から、同情する人もなく、孤独でさびしいようすをいう。出典は李密(りみつ)『陳情表』。《類》「形影自(けいえいみずか)ら相憐(あいあわ)れむ」
[孤影悄然(こえいしょうぜん)]ひとりぼっちでさびしそうに見えるさま。
[満目蕭条(まんもくしょうじょう)]草木も枯れはて、見渡す限り、ひっそりとしてものさびしいこと。「満目」は、見渡す限り、「蕭条」は、ものさびしいさま。《類》「満目蕭然(まんもくしょうぜん)」「満目荒涼(まんもくこうりょう)」
[門前雀羅(もんぜんじゃくら)を張(は)る]門の前に雀の網が張れるほどに訪れる人が少なく、さびれたようす。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382081


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト