MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「着る」に関する慣用句・ことわざ

[襟(えり)を正(ただ)す]身なりを整える意から、気持ち引き締める
[兜(かぶと)を脱(ぬ)ぐ]降参する。《類》「シャッポを脱(ぬ)ぐ
[着(き)の身着(みき)の儘(まま)]身に着けている衣服のほかは何ひとつ着るものを持っていない。
[下駄(げた)を預(あず)ける]相手に物事の処置などをまかせる。
[下駄(げた)を履(は)かせる]数量などを水増しして実際より多く見せる
[袖(そで)にする]親しくしていた人を冷淡にあしらう。「袖になす」、「袖にあしらう」ともいう。
[袖振(そでふ)り合(あ)うも多生(たしょう)の縁(えん)]「多生」は仏教で何度も生まれ変わること。袖が触れ合うようなちょっとしたことも、前世からの因縁によるものだ。《類》「袖CID(7713)(そです)り合(あ)うも多生(たしょう)の縁(えん)」
[袂(たもと)を分(わ)かつ](⇒「交際(こうさい)・付(つ)き合(あ)い」○○○ページ)
[無(な)い袖(そで)は振(ふ)れない]実際に持っていないのだから出したくても出せない。
[錦(にしき)を飾(かざ)る]美しい着物を着る意から、立身出世をして故郷に帰る。
[二足(にそく)の草鞋(わらじ)を履(は)く]同じ人が本来両立し得ない職業を兼ねること。昔、博打(ばくち)打ちが捕吏を兼ねていたことをいった。
[歯(は)に衣(きぬ)を着(き)せない](⇒「言(い)う」○○○ページ)
[襤褸(ぼろ)を出(だ)す](⇒「あらわす・あらわれる」○○○ページ)
[馬子(まご)にも衣装(いしょう)]だれでも外面を飾れば立派に見えること。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382062


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト