MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「風」に関する慣用句・成語

[風薫(かぜかお)る](⇒「夏(なつ)」385ページ)
[風冴(かぜさ)ゆる]冬の風が身に凍(し)みるほどに冷たく吹く。
[風死(かぜし)す]盛夏の暑いさ中に風が全然吹かないこと。
[風(かぜ)に付(つ)く]風にゆだねる。
[風光(かぜひか)る]春の陽光の中を風が吹き渡るさま。
[雲(くも)の返(かえ)しの風(かぜ)]雨雲を吹き払う風。《類》「雲(くも)の返(かえ)しの嵐(あらし)」
[黄塵万丈(こうじんばんじょう)]強い風に吹かれて土ぼこりが空高くのぼるさま。「黄塵」は黄色い土煙のこと。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382048


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト