MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「愚か」に関する慣用句・成句・ことわざ

[頭隠(あたまかく)して尻隠(しりかく)さず]悪事などの一部を隠しているにすぎないのに、全部を隠したつもりでいる愚かさをいう。
[独活(うど)の大木(たいぼく)]体は人並み外れて大きいが、取り柄がなくて役に立たない人間のたとえ。「独活」は約二メートルに成長する植物だが、柔らかくて木材のような利用価値がないことから。
[愚者(ぐしゃ)の一得(いっとく)](⇒「考(かんが)える・考(かんが)え」○○○ページ)
[愚(ぐ)の骨頂(こっちょう)]ばかばかしくて話にもならないこと。
[虚仮(こけ)も一心(いっしん)](⇒「熱心(ねっしん)」○○○ページ)
[上知(じょうち)と下愚(かぐ)とは移(うつ)らず]生まれながらに賢明な者と、学ぶことを知らない者とは、教育や環境の変化などで変わるものではない。出典は『論語(ろんご)』。
[貧(ひん)すれば鈍(どん)する]貧乏をして生活に疲れると、頭の働きが鈍くなり、心もさもしくなる。
[間(ま)が抜(ぬ)ける]肝心なところが抜けている。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382047


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト