MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「海」に関する故事・ことわざ

[一衣帯水(いちいたいすい)]一筋の帯のように狭い海や川。また、その狭い海や川を隔てて近接していることをいう。
[海闊(うみひろ)くして魚(うお)の躍(おど)るに任(まか)す]限りなく海が広いことのたとえ。また、度量の大きいことのたとえにもいう。
[三月(さんがつ)の海(うみ)なら尼(あま)でも渡(わた)る]三月になって、海が非常に波静かとなり穏やかになるさまをいう。陰暦の三月は風が静かになって穏やかな日が多いことから。
[七(なな)つの海(うみ)]太平洋・北太平洋・南大西洋・北大西洋南極海北極海インド洋の総称。世界中の海。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382027


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト