MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「命」に関する故事・成語・ことわざ

[命(いのち)あっての物種(ものだね)]生きていればこそ何事でもできる。命が何よりも大切だということ。《類》「命(いのち)なりけり」
[命長(いのちなが)ければ恥多(はじおお)し]人間は長生きすると、それだけ恥をかくことも多くなるということ。出典は『荘子(そうじ)』。
[命(いのち)より名(な)を惜(お)しむ]自分の命より名誉を大切にするという意で、恥をかくくらいならいっそ命を捨てた方がよいということ。
[佳人薄命(かじんはくめい)]美しい女性は、とかく病弱で、寿命が短いということ。《類》「美人薄命(びじんはくめい)」
[死生命有(しせいめいあ)り]人の生死は天命によって決まっていることで、人力ではどうすることもできない。
[息災延命(そくさいえんめい)](⇒「生死(せいし)」300ページ)
[河豚(ふぐ)は食(く)いたし命(いのち)は惜(お)しし]おいしいフグは食べたいが、その毒にあたって死ぬのは怖いの意から、いい思いをしたいが、後のことを考えると怖くて迷うようす。
[不惜身命(ふしゃくしんみょう)]仏法のためには命を惜しむことなく捧げること。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382022


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト