MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「雨」に関することわざ

[朝雨(あさあめ)に傘要(かさい)らず]朝に降る雨は続かず、すぐに止むから、雨具などの用意は必要ないということ。
[朝雨(あさあめ)は女(おんな)の腕(うで)まくり]朝雨はすぐに止むから、女の腕まくりと同じで少しも恐くないということ。
[朝焼(あさや)けは雨夕焼(あめゆうや)けは晴(は)れ]朝の空が朝焼けになっていたら、その日は雨になる兆しであり、夕方に空が夕焼けしていれば、翌日天気がよい兆しであるということ。
[夕立(ゆうだち)は馬(うま)の背(せ)を分(わ)ける]夏の夕立は馬の背の片側を濡らしても、もう一方の側は濡らさないほどに局地的に降るというたとえ。《類》「夏(なつ)の雨(あめ)は馬(うま)の背(せ)を分(わ)ける」




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382009


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト