MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

状況からみた「容貌・容姿」

[何でも心得ているような容貌]物知(ものし)り顔(がお)・心得顔(こころえがお)
[分別のありそうな]心有(こころあ)り顔(がお)・分別顔(ふんべつがお)
[まじめくさった]澄(す)まし顔(がお)
[愚かそうな]間抜(まぬ)け面(づら)
[厚かましい]強顔(きょうがん)・厚顔(こうがん)・鉄面皮(てつめんぴ)・野面(のづら)
[礼儀正しい]礼貌(れいぼう)
[気力を失った]衰顔(すいがん)
[人を待つ]人待(ひとま)ち顔(がお)
[厳かな]厳顔(げんがん)
[聞き知っているような]聞(き)き知(し)り顔(がお)・聞(き)き顔(がお)
[そ知らぬ]つれなし顔(がお)・然(さ)らぬ顔(かお)・知(し)らぬ顔(かお)・知(し)らん顔(かお)・知(し)らず顔(がお)
[悪事などを犯してそ知らぬふりの]何食(なにく)わぬ顔(かお)
[言葉につまり困った]然無顔(しかながお)
[忠義ぶった]忠義顔(ちゅうぎがお)・御為顔(おためがお)
[いかにもそうであるような]有(あ)り顔(がお)
[寝ぼけた]寝惚(ねぼ)け顔(がお)・寝惚(ねぼ)け面(づら)
[とぼけた]恍(とぼ)け顔(がお)・恍(とぼ)け面(づら)
[ものなれた]馴(な)れ顔(がお)・打(う)ち解(と)け顔(がお)
[横柄な]権柄面(けんぺいづら)
[その場の状況に合わせた]作(つく)り顔(がお)・仕立(した)て顔(がお)
[朝、起きたときの]寝起(ねお)き顔(がお)・朝顔(あさがお)・朝容(あさがたち)
[舞台上の]舞台面(ぶたいづら)
[自分のものだというような]我(わ)が物顔(ものがお)
[自分に関係があるのに平然とした]涼(すず)しい顔(かお)
[朝、起きたばかりの姿]朝姿(あさすがた)・寝起(ねお)き姿(すがた)
[後ろからの]後(うし)ろ姿(すがた)・後(うし)ろ付(つ)き
[去って行く人の後ろの]後(うし)ろ影(かげ)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381583


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト