MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

様態からみた「読む」

[目で見た文字や文章を声にする。また、理解する]読(よ)む・読(よ)み
[読むことの謙譲語]拝読(はいどく)・拝誦(はいしょう)
[謹んで]奉読(ほうどく)
[手に捧げ持って]捧読(ほうどく)
[声を出して]音読(おんどく)・読誦(どくしょう)・読誦(どくじゅ)・誦読(しょうどく)・諷誦(ふうしょう)・諷誦(ふうじゅ)・諷誦(ふじゅ)・唱(とな)える・称(とな)える・誦(しょう)する
[声高く]朗読(ろうどく)・読(よ)み上(あ)げ・朗誦(ろうしょう)・朗唱(ろうしょう)
[声を出さないで]黙読(もくどく)
[書き物を見ないで]背読(はいどく)・暗誦(あんしょう)・諳誦(あんしょう)・暗唱(あんしょう)・暗誦(あんじゅ)・諳誦(あんじゅ)・記誦(きしょう)・誦記(しょうき)・空読(そらよ)み
[あらかじめ読んで調べておく]下読(したよ)み・下見(したみ)・予習(よしゅう)
[ひと通り、ざっと]一読(いちどく)・通読(つうどく)・斜(なな)め読(よ)み・走(はし)り読(よ)み・略読(りゃくどく)
[必要な部分やおもしろそうな部分だけを]抜(ぬ)き読(よ)み・拾(ひろ)い読(よ)み・抄読(しょうどく)
[必ず読むべきこと。また、そのもの]必読(ひつどく)
[意味をよく考えて]熟読(じゅくどく)・味読(みどく)・玩読(がんどく)・精読(せいどく)
[意味をよく考えずに文字のみを]素読(そどく)・素読(そよ)み・素読(すよ)み・白読(はくどく)・坊主読(ぼうずよ)み
[はじめから終わりまで]読破(どくは)・読過(どっか)・読(よ)み下(くだ)し・読了(どくりょう)・卒読(そつどく)
[詳しく]細読(さいどく)・精読(せいどく)
[速く]速読(そくどく)
[二つ以上のものを合わせて]併読(へいどく)
[読み違えると、他の者がその続きを読む、という読み方]取(と)り読(よ)み
[好んで]愛読(あいどく)
[内容を調べながら]閲読(えつどく)
[文章など正しく]正読(せいどく)
[間違えて]誤読(ごどく)
[読書し合って研究討論をする]会読(かいどく)・会読論講(かいどくろんこう)・会読輪講(かいどくりんこう)・読書会(どくしょかい)
[書物などを回して]回読(かいどく)・回(まわ)し読(よ)み・輪読(りんどく)
[繰り返し書物を]復読(ふくどく)・再読(さいどく)・読(よ)み返(かえ)す
[一緒に読んで確認する]相読(あいよ)み
[書物を読んで意味を明らかにする]講読(こうどく)
[文章を読んで、その意味を理解する]読解(どっかい)
[書物を読んで文字の表面的意義のみを理解する]色読(しきどく)
[文字の裏の真意まで読み取る]体読(たいどく)
[手当たり次第に]濫読(らんどく)・乱読(らんどく)・雑読(ざつどく)・渉猟(しょうりょう)
[夢中で]耽読(たんどく)
[たくさんの本を]多読(たどく)
[難解な文章・暗号などを]解読(かいどく)
[読みがむずかしい]難読(なんどく)
[推量して]判読(はんどく)
[一字一字やっと]CID(7735)(たど)り読(よ)み
[点字など指でさわって]触読(しょくどく)
[ひらいて]披読(ひどく)・披見(ひけん)・披閲(ひえつ)
[翻訳して]訳読(やくどく)
[立ちながら]立(た)ち読(よ)み
[人に知られぬよう隠れて]盗(ぬす)み読(よ)み
[書物など買って]購読(こうどく)
[書物を買い集めるだけで積み重ねて置く]積(つ)ん読(どく)
[他人に代わって]代読(だいどく)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381584


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト