MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

物事が起こる気配としての「知らせ」

[何事かが起ころうとする知らせ]兆(ちょう)・徴(ちょう)・兆候(ちょうこう)・徴候(ちょうこう)・徴(しるし)・兆(きざ)し・徴兆(ちょうちょう)・前知(まえじ)らせ・前兆(ぜんちょう)・知(し)らせ・前触(まえぶ)れ・先触(さきぶ)れ・色(いろ)・前表(ぜんぴょう)・先表(せんぴょう)・幸先(さいさき)・瑞相(ずいそう)・縁起(えんぎ)・祥(さが)・験(げん)・胚胎(はいたい)・萌芽(ほうが)
[めでたいことの前兆]瑞(ずい)・瑞兆(ずいちょう)・瑞祥(ずいしょう)・瑞象(ずいしょう)・祥瑞(しょうずい)・瑞徴(ずいちょう)・瑞相(ずいそう)・符瑞(ふずい)・嘉瑞(かずい)・瑞験(ずいけん)・吉祥(きちじょう)・吉祥(きっしょう)・祥(さが)・休祥(きゅうしょう)・祥禎(しょうてい)・符祥(ふしょう)・善祥(ぜんしょう)・吉兆(きっちょう)・吉瑞(きちずい)・吉相(きっそう)・幸先(さいさき)・休徴(きゅうちょう)・嘉兆(かちょう)
[めでたいことの前兆として現れた不思議な現象]奇瑞(きずい)・霊瑞(れいずい)
[天のくだした、めでたいしるし]天瑞(てんずい)
[前途に見える明るい兆し]曙光(しょこう)
[表に現れたしるし]表徴(ひょうちょう)・標徴(ひょうちょう)
[占いに出たしるし]占形(うらかた)・卜兆(うらかた)・占象(うらかた)
[天候に変化の兆しが見えてくるさま]催(もよ)い
[怪しいことの前兆]怪(しるまし)
[凶事の起こる前兆]凶兆(きょうちょう)・けち
[争いごとに負けそうな兆し]敗兆(はいちょう)・敗徴(はいちょう)・負(ま)け色(いろ)・敗色(はいしょく)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381287


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト