MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

程度・様態からみた「音・響き」

[耳に聞こえる物の振動]音(おと)・音(おん)・音声(おんせい)・音声(おんじょう)
[高い]高音(こうおん)
[大きな音、大きな声]大音(だいおん)・大声(おおごえ)・大音声(だいおんじょう)
[音が大きく鳴り渡る]轟(とどろ)き・轟然(ごうぜん)
[とどろき渡る]轟音(ごうおん)
[低い]低音(ていおん)
[かすかな]微音(びおん)
[弱い]弱音(じゃくおん)
[力の入った低い]唸(うな)り
[心に訴える小さくて美しい]音(ね)・音色(おんしょく)・音色(ねいろ)
[とてもよい]好音(こうおん)・好音(こういん)
[美しい]美音(びおん)・妙音(みょうおん)
[聞いていて快い]快音(かいおん)
[澄んだ音色]清音(せいおん)
[周囲に伝わる音の振動]音響(おんきょう)・響(ひび)き・響(とよ)み・響(どよ)み・響(とよ)めき・響(どよ)めき・響動(とよ)めき・響動(どよ)めき
[音・声とひびき]音韻(おんいん)・声韻(せいいん)
[鳴り終わっても、あとまで残る音のひびき]残響(ざんきょう)・余音(よいん)・余韻(よいん)
[音が物に当たってはね返ってくる]谺(こだま)・木霊(こだま)・反響(はんきょう)・天彦(あまびこ)・山彦(やまびこ)
[一緒にひびく]共音(ともね)
[音が交じってひびき合う]交響(こうきょう)
[高さの違う二つ以上の音が同時にひびくときできる]和音(わおん)
[二つ以上の音を同時に鳴らしたとき、不安定な感じがする]不協和音(ふきょうわおん)
[音が聞こえる]音聞(おとぎ)き
[遠くからの。また、遠くまで聞こえる]遠音(とおと)・遠音(とおね)・遠鳴(とおな)り
[うるさくて騒がしい]雑音(ざつおん)・騒音(そうおん)・噪音(そうおん)・ノイズ
[雑音などを消す]消音(しょうおん)
[鳴る。また、騒がしい物の]鳴(な)り
[何かの]物音(ものおと)・物(もの)の音(ね)
[物を続けて打つ]打打(ちょうちょう)・丁丁(ちょうちょう)
[偽りの鳴き声。または、偽りのこと]空音(そらね)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381091


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト