MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

降るころ・降る様態・降る場所からみた「雨」

[明け方に降る]暁雨(ぎょうう)
[朝に降る]朝雨(あさあめ)
[朝に降るしぐれ]朝(あさ)時雨(しぐれ)
[夕方に降る]夕雨(ゆうさめ)
[夕方四時過ぎに降り出す]七(なな)つ下(さ)がりの雨(あめ)
[夕暮れに降る]暮雨(ぼう)
[夕方に降るしぐれ]夕(ゆう)時雨(しぐれ)
[夜に降る]夜雨(よさめ)
[夜に降るしぐれ]小夜(さよ)時雨(しぐれ)
[雨の降る夜]雨夜(あまよ)・雨夜(うや)
[明け方まで続けざまに降る]降(ふ)り明(あ)かす
[日暮れまで一日中降り続く]降(ふ)り暮(く)らす
[前夜からの]宿雨(しゅくう)
[正月三が日に降る]御下(おさ)がり
[雨の降る日が多い]雨(あめ)がち・多雨(たう)
[幾日も降り続く]長雨(ながあめ)・長雨(ながめ)・霖(ながめ)・陰雨(いんう)・淫雨(いんう)・雨続(あまつづ)き・霖雨(りんう)・宿雨(しゅくう)・積雨(せきう)・連雨(れんう)
[一年のうち、いちばん多く雨の降り続く季節・時期]雨季(うき)・雨期(うき)
[一年のうち、最も雨の少ない季節・時期]乾季(かんき)・乾期(かんき)
[同じような強さで長く降り続く]地雨(じあめ)
[強くはないが、止まずに降り続く]漫(そぞ)ろ雨(あめ)
[突然降り出してほどなく止む]俄雨(にわかあめ)・通(とお)り雨(あめ)・驟雨(しゅうう)・急雨(きゅうう)・夕立(ゆうだち)・群雨(むらさめ)・叢雨(むらさめ)・村雨(むらさめ)・繁雨(しばあめ)・CID(7693)雨(しばあめ)
[局地的に降る]私雨(わたくしあめ)
[ある場所だけに降っている]通(とお)り雨(あめ)・そばえ・片(かた)時雨(しぐれ)
[雨がそこにだけ降らないで残す]降(ふ)り残(のこ)す
[山に降る。また、山の方から降ってくる]山雨(さんう)
[青葉に降り注ぐ]青雨(せいう)・緑雨(りょくう)・翠雨(すいう)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381029


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト