MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 格言ことわざ故事来歴

鶏鳴狗盗
【けいめいくとう】

いやしく、くだらない人間。こそ泥。こすっからい才覚のある小人物のたとえ。また、そんな人間も何かの役には立つということ。戦国時代、斉の孟嘗君は、多くの逸材を集め、評判が高かった。秦の昭王は、彼の勢力が強くなるのを恐れ、自国の宰相にと誘い、暗殺しようと企てた。孟嘗君は昭王の愛人に釈放を依頼したところ、彼女は「あなたが王に献上した白狐の毛皮が欲しい」という。そこでこそ泥”の名人を使って毛皮を盗み出させ、そのとりなしで逃げ出した。が、途中の関所で足止め。鶏が鳴く明け方まで旅人を通さないとのこと。そこで”ものまね”上手な者が「コケコッコー」とやったら、本物のニワトリまで鳴き出して、無事に通過できたという話から出た。こうなると、小悪党も使い方ひとつということになるが、犬のようにしのび込んで盗む”狗盗”の方に重点が移り、こすい人物のたとえになった。
『史記』孟嘗君。
馬鹿と鋏も使いよう。「夜をこめて鳥のそらねははかるともよに逢坂の関は許さじ」(百人一首清少納言)。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373830


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  百黙一言  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト