MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 文人墨客の意匠惨憺

十八史略
【じゅうはちしりゃく】

元代初期の曾先之が編纂した中国の歴史書『古今歴代十八史略』の略称で、七巻から成る。古代から宋代までの歴史を、トピック中心にまとめたもので、中国よりも日本で広く読まれている。十八史とは『史記』『漢書』『後漢書』『三国志』『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『後魏書』『陳書』『北斉書』『後周書』『随書』『南史』『北史』『唐書』『五代史』『宋史』の正史。それに『続資治通鑑長編』『続編年資治通鑑』など北宋・南宋についての史料を織りまぜて、編年史的にまとめられている。中国古典文学、中国史の手ごろな入門書として室町時代末期から現代にいたるまで、多くの人に親しまれている。




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373387


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  光陰流水  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト