MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語四字熟語 > 女性讃美の美辞麗句

家書万金
【かしょばんきん】

家書万金に抵る」という。孤独な旅先、異国での生活で、家族から来る手紙は、まさに万金の値打ちに相当するほどうれしいということ。有名な唐の詩人杜甫は、安禄山の乱で捕えられ、翌年(七五七年)脱走した。都長安に囚われの身となっていたとき、戦乱に荒れ果てた都の春をいたんで作った、かの有名な詩の中の一句。家書は妻または家族からの手紙。抵は当と同じ。
杜甫「春望詩」。「国破レテ山河アリ、城春ニシテ草木深シ。時ニ感ジテハ花ニモ涙ヲ濺ギ、別レヲ恨ンデハ鳥ニモ心ヲ驚カス。烽火三月ニ連ナリ、家書万金ニ抵ル。白頭掻ケバ更ニ短ク、渾テ簪ニ勝ヘザラント欲ス」




日本実業出版社 (著:真藤 建志郎)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 4373058


【辞典内Top3】 外寛内明  雲外蒼天  光陰流水  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 日本語使いさばき辞典 

関連書籍

 日本実業出版社「四字熟語の辞典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:真藤 建志郎
価格:1,467
収録数:1000語
サイズ:18x13x2cm(-)
発売日:1993年8月
ISBN:978-4534020482

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト