MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

刎頸之友
【ふんけいのとも】

【意味】お互いのためなら首をはねられても悔いのない、堅い友情で結ばれた友。生死を共にするほどの親密な間柄の友。
【用例】●刎頸の友ともいうべき人を亡くして、彼の悲嘆は大きかった。高校時代、お互いの夢を語り合い、感激して刎頸の友になろうと誓い合った。彼のためなら、私はどんなことでもするつもりだ。
【出典】『史記』廉頗藺相如伝
【類語】刎頸之交
【故事】中国の戦国時代、趙の廉頗将軍は、藺相如が上卿になったのを憤り、これを辱めようとしたが、二人の争いが趙国の不利となるのを恐れた相如はひたすら彼を避けた。これを伝え聞いた廉頗は自分の不明を詫び、以後生死を共にする親交を結んだ。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5561041

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  物心両面  容姿端麗  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト