MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典6叡智とわざ > 才能と人間力を高める

つつましき舌は人間の最上の宝にしてまたほどよく動く舌は最大の喜びなり

名言名句
つつましき舌は人
間の最上の宝にしてまたほどよく動く舌は最大の喜びなり
【解説】
 無駄口をたたかず、適切な沈黙をわきまえることは賢明で、機知に富んだ会話ができるのは大きな喜びだ。
 「巧みにしゃべる機智を持たぬことも、沈黙する術を心得ていないことも大きな不幸である」(ラ・ブリュイエール『人さまざま』)という言葉がある。
日本人には「つつましき舌」のもち主が多く、「ほどよく動く舌」のもち主は少ない。現代のグローバルな社会で感性や価値観の異なる人びとと対等につきあっていくためにはつつましさだけでは物足りない単なるおしゃべりでなく、ほどよく動く舌を身につけてきちんと自己主張ができるようになればいちばんいいのだが、そうかんたんではないようだ
【作者】ヘシオドス
【生没年】前八世紀頃
【職業】古代ギリシャの詩人
【出典】『労働と日々』




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450510

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト