MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典4愛 > 男と女の愛の形

実に敵という敵の中で山の神ほど恐しい敵はない

名言名句
実に敵という敵の
中で山の神ほど恐しい敵はない
【解説】
男は一歩外に出れば七人の敵をもつというが、そうしたあらゆる敵よりも、もっと恐ろしいのは家で待つ妻だ、というのである
男にとって妻はだれよりも信頼できる味方である反面、だれよりも自分の弱点を知っている敵でもある。油断は禁物だ。妻を侮るなかれ。しかしこれらの言葉のうちには妻へのある種の愛情、尊敬の念が流れているようでもある。
【作者】森 鴎外
【生没年】1862~1922
【職業】作家
【参考】鴎外は、長男|於菟をもうけた最初の妻とは長男誕生後すぐに離婚し、四十一歳で再婚している。再婚後の生活を題材にした『半日』では妻に対して「博士はこらえている。何か云えば、向こうの肝癪が募るばかりである。」のような表現が出てくる。再婚後に生まれた長女|茉莉は、その著作『父の死と母、その周囲』の中で「若い間、父を独占しようとして闘って暮らしたほど情熱家だった母は、いつも静かで、誰にでも優しい父を困らせることもあった。父もそんな母には困ってゐたが、父の健康が急激に弱って、結婚してからはじめて母の方からも父を劬はるやうな状態になった時、父の心には直情な母に対する信頼だけが残り、母の心には不平や苛々する心が消えて、哀しい思慕だけが、固まったので、あった。」と記している。 




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450402

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト