MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典4愛 > 男と女の愛の形

貧賤の知は忘るべからず糟糠の妻は堂より下さず

糟糠の妻:粗末な食べ物を食べて貧しさをともにしてきた妻@堂:おもて座敷。住まい

名言名句
貧賤の知は忘るべ
からず糟糠の妻は堂より下さず
【解説】
この言葉は、後漢の武帝が寡婦となった姉を人格|風采ともにすぐれた大司馬・宋弘と結婚させようとしたときの、宋弘の答えの中に出てくるものである
武帝が「人は身分が高くなれば交際相手をかえ、富めば妻を替えるものだが……」と、妻を替えるようほのめかすと、宋弘は、「自分が裕福になったからといって貧しいときの友人を忘れたり、苦労をともにした妻を追い出すようなことをしてはいけません」と切り返した。
苦労の末に成功すると、妻を捨てて別の女性のもとに走る男性が話題になる昨今だが、そういうときにこそ、男性の真価が問われることを忘れてはならない
【出典】後漢書』宗弘伝(432頃)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450404

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト