MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典4愛 > 男と女の愛の形

恋をして恋を失ったほうが一度も恋をしなかったよりもましである

名言名句
恋をして恋を失っ
たほうが一度も恋をしなかったよりもましである
【解説】
失恋はつらく、その痛手は深く大きい。生きていく希望を失って、絶望の淵に沈み立ち上がることもできないかもしれない。少なくとも恋するまでは幸福だったのだ。失恋した人は恋の苦しみを味わうが、恋の喜びも知っている。
もし一度も恋をしなかったらと想像してみるがいい。恋を知らないということはその輝きや喜びをも知らないことになるのだ。恋の喜びは人の心を豊かにさせる。恋を失ったつらさを乗り越えていくことで人は成長できるのだ。それならばまだしも恋をして失ったほうがいいではないか。
イギリスのヴィクトリア朝を代表する詩人アルフレッドテニソンの言葉である
ところで彼の恋模様はどのようなものであったのだろうか。テニソンは、兄の結婚式で出会った花嫁の妹エミリー・セルウッドと恋に落ち、十四年越しの恋を実らせて結婚している。
【作者】テニソン
【生没年】1809~92
【職業】イギリスの詩人




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450372

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト