MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典4愛 > 男と女の愛の形

恋は忍ぶが楽しみ人に悟られぬ内が命ぞかし

名言名句
恋は忍ぶが楽しみ
人に悟られぬ内が命ぞかし
【解説】
初めて恋をして、とまどいながらも熱く胸をこがし、いうにいわれぬ思いにため息をついたりほおづえをついたりしていたころ。また、思いが通じたけれどまだ恋のゆくえが見えずに人には秘密にしているあいだ。思いを忍び、逢瀬を忍んでいるときのときめきは、オープンな恋のほがらかな情熱とは違った、なんともいえない情念をかきたてるものだ。ましてやわけあって公にできない、人目を忍ばねばならぬ恋となればなおさらである。 
そのへんの感覚は江戸時代の庶民も現代の庶民もそう変わらぬものらしい
恋は秘密にしているうちが楽しいもの、人に知られないうちが命だ、という。
【作者】西沢一風
【生没年】1665~1731
【職業】戯作者
【出典】『新色五巻書』
【参考】『新色五巻書』は西沢一風の代表作。一風は井原西鶴の没後、上方文壇の中心となって活躍した戯作者であるが、その活躍のきっかけとなったのが『新色五巻書』だった。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450370


【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  息子は妻をめとるまでは息子であるしかし娘は母親にとって一生涯、娘  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト