MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典3人間 > ともに生きる

おにぎり一つそまつにすれば世界のどこかにおにぎり一つ足りない人がかならずできるほんとうだ

名言名句
おにぎり一つそ
まつにすれば世界のどこかにおにぎり一つ足りない人がかならずできるほんとうだ
【解説】
子どもにもわかるシンプルな詩で食べ物を粗末にするというのはどんなことかを説いている。飽食の国日本で一日にどれだけのおにぎりが捨てられるだろう。世界でどれだけのおにぎりが足りなくなるのだろう小さなおにぎり一つの重みを、この詩からしっかりと受け取って、子どもたちに伝えたいものだ。
【作者】河野 進
【生没年】1904~90
【職業】牧師
【出典】おにぎりの詩』
【参考】河野進は岡山県玉島教会の牧師。マザー・テレサの活動への支援として、「一日三度の食事からおにぎり一個ぶんだけ減らしてハンセン氏病患者のために寄付しよう」と、おにぎり運動を呼びかけた。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450308


【辞典内Top3】 智に働けば角が立つ情に棹させば流される意地を通せば窮屈だとかくに  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  ゆく川の流れは絶えずしてしかも、もとの水にあらず  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト